前へ
次へ

自己破産をしたら財産をすべて失うか

生活に必要なものとしては何といってもお金があるでしょう。
お金以外に必要なものがあってもお金さえあればとりあえずは手に入れられそうです。
お金は仕事をしたりすることで得られますが、自分の持っているお金以上に必要になるときがありその時に借金を利用するかもしれません。
借金をする理由や事情は様々でしょうが、どんな理由であれ最終的には返済しないといけない仕組みになっています。
どうしても返済できないときは債務整理を選択するときもあります。
債務整理の一つとしてあるのが自己破産で、この方法の特徴として財産をすべて清算してそのお金で債権者への弁済を行うことが挙げられます。
もちろん借金の全てを返済できませんが、債権者にはそれで納得してもらうよう法的な手続きが取られます。
それ以降はそれまで持っていた借金がなくなり、債権者からの取りたてもありませんしどんどん利息が増えていくような恐怖もありません。
働いている人なら得たお金を返済に使うのではなく生活に使えるようになります。
自己破産を選択したとしたらその後にどうなるのかが気になる人もいるようです。
財産をすべて清算をして弁済しますから、家にあるお金や家などの不動産、さらに車や家電製品など換金性のあるものは基本的に精算されていきます。
となると全く何もない状態になり住むところも着るものも無くなるのではないかと考えるでしょう。
実は財産の全てと言っても完全にすべてを弁済に充てるわけではなく、生活に必要な最低限の財産を残した状態で行われます。

https://bpo-c.co.jp/
低価格だけど高精度!評判のアンケート入力業者はこちら

ドラマの撮影場所をお探しならばハーミットクラブにお任せ!

居酒屋のロケーション一覧 | ハーミットクラブ

クレジットカード決済代行以外のお支払方法の導入もサポートいたします
電子マネー決済や口座振替などの導入にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

https://bpo-c.co.jp/business/index/6
株式会社BPOセンターでは、お客様の個人情報が漏れないよう徹底したセキュリティ管理を行っています。

目安としては現金で言えば100万円ほどを生活資金として残されるケースが多いです。
さすがに住宅は売却対象になるのでそのまま住み続けられませんが、自動車も事情が考慮されれば残されるときもあります。
家電製品もすべてがなくなるわけではなく、冷蔵庫やテレビなどでグレードの高すぎない物であればそのまま生活資産として残されるでしょう。
実際に残される資産は人によって異なるので、気になる部分は弁護士に相談すると良いかもしれません。

Page Top